« September 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 17, 2008

私信ともつかぬもの

まあ、天皇杯はさておき。Jがこれだけ盛り上がっている中で、なんと私が行ける試合はあと一試合です。頑張った挙句に、一試合(涙)。だいたいさ、祝日休みなら23日休みにしてくれよー。勤労感謝の日は23日だろうが、昔から(八つ当たり)。
まあ、天皇杯はあれですが(←しつこい。) 一応応援しているチームは二個とも優勝圏内に何とかおりますので一応うれしい悲鳴、とやらなのかも知れません。で、どっちに行くか、というと23日勝ったほうに行こうと思ってます。ここのところの試合やらあと代表組みの状況とか考えると川崎の方がチーム状態はよろしくなさそう。しかもガンバは苦手なんだよな。いろいろいやな思い出あるしな、というところ。そのガンバに勝ったらかなりポイントは高いんですが、まあ両方勝ったらどうするかなあ、と今はまだ悩んでおこう。(逆パターンはあくまで考えない、ということで。)

実のところ、相手としては磐田の方が魅力的。今の磐田がどうの、って言うのは正直あまりないけどやっぱり伝統の力か、鹿島VS磐田はいいカードになる可能性が高い。ただ、磐田が降格絡んでいるのは正直とっても複雑です。間違っても磐田のXデーなんぞ見たくないし(ないと信じてるけど。)。

嗚呼泣いても笑っても今年あと一試合かー(嘆息)

しかしながら、実はその前に仕事上の一大関門が待ち受けているのです。さて、無事超えられるのか、祈るような気持ちです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2008

どちらにせよ、天皇杯はもうないんですか、そーですか。

どっちもあたりとしては割りといやな予感なんぞもしていたんですが。
まさか、両方負けちゃうとは思わなかったよ、アントラーズもフロンターレも。
速攻、担当の子に「12月29日のお休みはいりません。」とかメールしてみた(苦笑)。

いやこのシフト制という立場になって思いますけれど、年間に見られる試合がおそらく4分の一くらいになってしまった身としてはこの消えた天皇杯2試合はかなり貴重です、勝手ながら。でも、それでも何か収穫が感じられた試合だったというなら良かった、とも思うのだけれども。 鹿ちゃんのほうは少なくとも3点取り、ここのとこ結果を出せていなかったチカシがゴール、というのはまあ好材料でしょう。
川崎のほうはメンバー見て唖然。この試合を一旦何にしたかったのかなあ。大宮に手が出なかったメンバーでやすやす勝てるほどJ2王者は甘くないし、ましてや寿人がいないとは言え苦手の広島。何か手を打ったようには見えないんですが。だったらせめて、キクとかヨコとか、最近試合に出れていないメンバーを出してほしかった。まさか、あのベストメンバーがどうとやらとかいうたわごとに影響されたわけでもあるまいに。
これで大量解雇とか、外国人総とっかえとか言ったら本当に鬱なんですけども。

****

あ、こんなネガったことをかくために久々にブログあけたんじゃなかった。

名波浩様
お疲れ様でした。
98年フランスワールドカップ予選で私は相馬さんに、サッカーにはまったわけですが、
あなたのパスによって生かされる相馬直樹のプレーでなかったらここまではまっては
いなかったかもしれません。

いまだに私にとって、あのコンビを超えるコンビネーションを日本代表では見ていないような気がします。
本当に、ありがとうの思いをこめて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2008

大分の皆さんおめでとうございます。

休みだったら行きたかったのですが、仕事だったので見られず。
お昼に入った、普段だったらスポーツ中継やってる喫茶店も早慶戦でした。恐るべしハンカチ王子(@@)
てなわけで、今録画中継見てました。

勝った大分がクローズアップされると思うし、実際一枚上だったとは思いますが、清水もいい試合してたよね。この試合に立ち会えたサッカーファンはいろんな意味で幸せだったと思います。
そして、大分。個人的にはサイドフェチなので、自分が応援するチーム以外で気になるのは名古屋と大分。今日もサイドに展開して攻撃と、誰かがボールを持ったときの全体の意識がひとつの方向に向かっているのが好もしかったです。年代的にも、ポジショニングにもバランスがとれたチームになってきたうえに、一度タイトル取っちゃった、という実績がこれからのJ優勝戦線において大分を嫌な相手にしたなあ、って感じ。

さて、大分に先に初タイトルをさらわれたフロンターレ、どうなることか。そして満身創痍の鹿島。追い詰められた鹿が怖いのも、わくわくさせてくれるのもあたしはよく知っているつもり。「鹿島と川崎が優勝を争うことになったらどうしますか?」と某SNSで聞かれましたが、それはそのときにならないとわからないですよ(笑)。
どっちにも思い入れはもちろんあるし、最近の見ている頻度では川崎よりなのは否めないけど、「そんな簡単に優勝できると思うなよ。」なんて鹿の目もちょっと持ち合わせてたりする複雑な私(^^;;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | December 2008 »