« 大分の皆さんおめでとうございます。 | Main | 私信ともつかぬもの »

November 16, 2008

どちらにせよ、天皇杯はもうないんですか、そーですか。

どっちもあたりとしては割りといやな予感なんぞもしていたんですが。
まさか、両方負けちゃうとは思わなかったよ、アントラーズもフロンターレも。
速攻、担当の子に「12月29日のお休みはいりません。」とかメールしてみた(苦笑)。

いやこのシフト制という立場になって思いますけれど、年間に見られる試合がおそらく4分の一くらいになってしまった身としてはこの消えた天皇杯2試合はかなり貴重です、勝手ながら。でも、それでも何か収穫が感じられた試合だったというなら良かった、とも思うのだけれども。 鹿ちゃんのほうは少なくとも3点取り、ここのとこ結果を出せていなかったチカシがゴール、というのはまあ好材料でしょう。
川崎のほうはメンバー見て唖然。この試合を一旦何にしたかったのかなあ。大宮に手が出なかったメンバーでやすやす勝てるほどJ2王者は甘くないし、ましてや寿人がいないとは言え苦手の広島。何か手を打ったようには見えないんですが。だったらせめて、キクとかヨコとか、最近試合に出れていないメンバーを出してほしかった。まさか、あのベストメンバーがどうとやらとかいうたわごとに影響されたわけでもあるまいに。
これで大量解雇とか、外国人総とっかえとか言ったら本当に鬱なんですけども。

****

あ、こんなネガったことをかくために久々にブログあけたんじゃなかった。

名波浩様
お疲れ様でした。
98年フランスワールドカップ予選で私は相馬さんに、サッカーにはまったわけですが、
あなたのパスによって生かされる相馬直樹のプレーでなかったらここまではまっては
いなかったかもしれません。

いまだに私にとって、あのコンビを超えるコンビネーションを日本代表では見ていないような気がします。
本当に、ありがとうの思いをこめて。

|

« 大分の皆さんおめでとうございます。 | Main | 私信ともつかぬもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/43132076

Listed below are links to weblogs that reference どちらにせよ、天皇杯はもうないんですか、そーですか。:

« 大分の皆さんおめでとうございます。 | Main | 私信ともつかぬもの »