« 主水死す | Main | Garantido-生きた証-@TSミュージカルファンデーション »

February 21, 2010

THE 39 STEPS -秘密の暗号を追え!@シアタークリエ

STORY(公式サイトより)
1935年のロンドン。ミュージックホールで銃の発砲騒ぎに遭遇したリチャード・ハネイは、アナベラ・シュミットと名乗る謎めいた女性に請われて彼女を自宅へ連れ帰る。自分はスパイであり、イギリス軍の重要機密を守るために追われているとアナベラが告白したその夜、彼女は何者かに命を奪われる。
翌朝。アパートの外にはアナベラを追っていた二人の男がハネイを待ち受けていた。何とか男たちをかわしたハネイは、自分がアナベラ殺害の容疑者として手配されていることを知る。殺人の疑いを晴らすためには、アナベラの任務のなぞを解き、真犯人を捕まえるしかない!警察、スパイ、殺人者を巻き込んでハネイの逃亡劇が始まった―!!

サスペンスと思いきや、コメディー?でした。
面白い、というのはいろいろあると思うのだけど、たとえば心を揺さぶられる、とか感情に訴えかける、というのを面白い、というならこのお芝居は違うと思う。何か昔の絵柄の海外漫画やこてこてのハリウッド映画テイスト(というかその辺のパロディにもなってるのか知らん。)といった感じで、あまりにありえない展開を、すごく「正統なルールに乗っ取って演じる」という様式を演じるほうも視るほうも楽しんでる感じ。

何といっても何十通りの役(?)を演じ分ける浅野和之さんと今村ねずみさんが凄くてそこでもっている舞台でもあると思うのですが、いわゆる主役の石丸幹二さんと高岡早紀ちゃんの妙に作り物っぽいキャラクター作り(←ほめてます)もはまっていてそれもいい感じでした。いや、この舞台って誰かが悪目立ちしようとしたら終わると思うので。

好き嫌いは分かれる、と思うのですが私は笑いっぱなしでした。妹とも言ってたのですが、最近クリエらしい、他の東宝ではできない作品がいい意味で増えてきたような気がします。これなんて、PARCO劇場あたりでもはまりそうな感じ。

|

« 主水死す | Main | Garantido-生きた証-@TSミュージカルファンデーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/47620917

Listed below are links to weblogs that reference THE 39 STEPS -秘密の暗号を追え!@シアタークリエ:

« 主水死す | Main | Garantido-生きた証-@TSミュージカルファンデーション »