« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

May 17, 2010

気持ちよく送り出したかったのに@川崎VS磐田AWAY於ヤマハスタジアム

………。

「全国制覇とは口先だけの目標かね?」 とSLUM DUNKの安西先生になって問いただしたいような試合でした。

負けたことよりも、負けた内容が悪すぎる。序盤にぐだぐだな2失点(まあ、特に二点目は前田のすばらしさを褒めなければいけないとしても)、ヘナのすばらしいゴールで1点差に詰め寄ったものの、次の成岡の点が入って「あーあ終りだ」と言うムードがピッチ上に漂った気がしたのはどーせあたしの気のせいですともさ。
確かにケンゴは見るからに調子が悪そうだったし、今期初出場の佐原がスタメン、DFの舵取りは今まではこういう場合宏樹か周平の役目でしたが、今日はともにピッチ上には不在、イガはバランサーとはとってもいいがたいし(--;) 。確かに奥谷主審の笛はいつもながら不安定でカード乱発の気配はありましたが、それの被害はどっちのチームも蒙ってるし、何より某ジャスティス氏だったら、ひとりやふたりピッチからいなくなっててもおかしくなかった。

点を取られた後にタサとクロのポジションを修正して一瞬光は見えた気がしたのですが、どうもDFが行き当たりばったりで、後ろが危なっかしいと前にも思い切って出られないし、せっかくボールをとってもボールの行き先がない。苦し紛れに出したボールはことごとく思い切りよく飛び出した相手にさらわれてピンチになってました。で、とられたボールを取りにいかないしさ。誰か行ったとしても明確なフォローしないしさ。
最近JFLの試合を見ていて上のカテゴリーの試合との違いは「チームとして意識的にボールをどう取りにいくか(が上のチームにはある)」だと思っていたのですが、これじゃ変わらんわ(ーー)

個人的にはツトさんの采配も??です。結果論ではあるけど今日の内容で後半頭から二人交代、というのはスタメンに問題があったとしか思えないんですが。さらに、あれだけ守備がぼろぼろなところで、何でノボリなのかも個人的には疑問。ヒロキは調子悪いのかもしれないけど、せめてヨコとかタニとかある程度守備が計算できる選手を入れて立て直すところから始めた方が良かったんじゃないでしょうかね。

そして、どうしてもどうしても勇介にはいいたい。
死角だったので、どういう状況だったのかはっきりは見えなかったけど、エキサイトしているのはよくわかった。
…あの時の涙を忘れちゃったの?で、あんたの副キャプテンという肩書はただの罰当番かなんかなのか?
まとめこそすれ、あんたが雰囲気壊してどーするんだ。

ほんとはケンゴやエイジ、イナやテセを背中を押して送り出すための試合だった。
2ヶ月逢えないのはさびしいけど、フロンターレが生んだ初めてのW杯選手として、誇りを持って悔いなく戦ってきてほしい。そんな思いであれだけたくさんの人がゴール裏に集まったのではなかったか。それがこんな試合になってしまったのはとても悲しいのだけれど。

それでも4人にはがんばって来てほしい。そして、他の選手はゆっくり休んで、考えて、そして修正して。世界の場でもまれる4人に負けないように。
そして、帰ってきて最初の試合こそ、いい意味で「これぞフロンターレの試合」っていうのを見せてほしいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

気がつけばXデー

あーもう落ちつかないったら(--)。


<4月25日 サッカー報知>
小笠原、南アへアピール弾「お金を払ってでも行きたい」
(前略)
W杯への思いが日に日に強まる。最終候補に名を連ねるが、最近の日本代表戦2試合は招集されていない。「厳しいことは理解している」と自覚しながらも「可能性はゼロじゃない。正メンバーに入れることに越したことはないけど、バックアップでも入れるのなら入りたい。お金を払ってでも行きたい」と思いのたけをぶちまけた。

いやさ、客観的に観て昨年のMVPと得点王が主力はおろか、メンバーにも入っていない日本代表はおかしいと思うわけですね、こほん。点が取れる選手が山ほどいるとか、誰を入れても勝ち続けられるほど余裕綽々なら別ですけれども、ほほほ。
まあ、昨今の代表選出にはあんまりJリーグの結果というのは考慮されないことになってるようですけれどもね。


…ってさ。実のとこ、客観的なんて大嘘で要は主観対主観のぶつかりあいなんだもんねー、納得がいくかどうかなんてさ\(*`∧´)/。
で、もういい加減な扱いするなら呼ばないで結構、と思ってもいたのですがこんな発言されちまうとそりゃ、行かせてあげたくもなりますわよ。だって満男ちゃんが行きたいっていってるんだもん、満男ちゃんが(大主観)。そんで、それに絶対に値する選手なんだもの(主観だけじゃないと思うー断言)

たぶん、どんなメンバーが選ばれたって試合は見るだろうし、結局はそれなりに瞬間的に肩入れもするんだろう、とは思うのだ。でもやっぱり、ピッチの上に、ベンチに、誰がいるかでやっぱり温度はどうしたって違って来るわけで…彼らを個々ではなく、ひとくくりで「日本」の象徴として応援できる人たちの方がたぶん、熱く楽しく応援できるだろう。

誰が選ばれたところで、たぶんいろいろなチームの、選手のサポーターたちが試合を見ながら悶々とするのだ。

なぜ、彼ではだめだったのか。
なぜ、彼を頭から使わなかったのか。
なぜ、彼はチームにいるときのように輝けないのか。

…彼がいれば。
…彼が頭から出ていれば。
…彼のために、違うメンバーだったなら。

たらればは無意味だって思いながら飽くことないたらればに頭を占領されながら。

期待できない、ってわかっているけれど、期待するな、ってわかっているけれど、どうやって明日の発表に間に合うように画策している自分が何かいやなのですが。(まあ、選手はさらにいやだろうけど。)

…というか、このエントリーはケンゴとエイジは選ばれる、っていう前提で書いてるんですけれど(大汗)
まさかそこまで裏切られたりしないよね、ね、ね(--;;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »