« July 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

September 08, 2010

それでもこれは酷い話だと思う。

以下YAHOO ニュース(町田経済新聞)より。
****

FC 町田ゼルビアは9月7日、町田市内のホテルでJリーグ入会予備審査結果についての記者説明会を開催。現在改修工事中の町田市立陸上競技場(町田市野津田町)がJリーグ基準を満たすことができず、来年度のJリーグ昇格が困難になったことを明らかにした。

 Jリーグは8月31日、「ホームスタジアムは、現在計画されている改修工事を経てもJリーグ基準を満たすことができないと判断される」という審査結果をゼルビアに通知した。「審査結果には基準に満たない点が具体的に示されていない。また、すべての基準をクリアしなくても昇格可能と判断していた」(ゼルビア)。

 Jリーグが9月1日にガイナーレ鳥取に通知した同審査結果では、5つの改善点を挙げ、具体的な対応策を提示するなどの条件を満たすことで入会を認めるとしている。「われわれも条件付きで入会が認められると信じていた」(同)。

 同競技場は昨年から今年7月まで設計を行い、8月から観客席設置などの工事に着手している。「当初の設計は2009年度基準。2010年度基準が示された後は、設計変更で新基準に合わせるように努力してきた」(同)。2009年度基準と2010年度基準の大きな違いは、更衣室などの設備の面積や収容人数が明示されている点。現スタジアムの躯体では、要件の面積を収めることができないという。

 「今年、本加盟申請を出せるように最後まで努力は続ける一方、2012年度の昇格に向けて、基準を満たすスタジアムをつくるため、Jリーグや市と一緒に問題を明らかにするとともに、市民の後ろ盾を得られるように取り組んでいく」(同)。ゼルビアが2012年度にJリーグでプレーするためには、今年度内の市議会で予算承認を得ることが必要。

 Jリーグ予備審査結果について、同クラブの守屋実代表は「心の整理がつかない、クラブとしても総括できていない状況。今年は不便なスタジアムに大勢の方にお越しいただいた。市民の財産にしようと頑張ってきた人たちの力の結集。自分たちの力ではどうにもならないところでJリーグに厳しい審査を突きつけられたことが残念で仕方がない。選手にはゲームの中でプライドを示そうと話した。Jクラブを圧倒するような、お客さんが本当に喜ぶようなゲームをしようと。選手たちは現実を受け止めるのは難しかったと思う。西が丘のゲーム(天皇杯2回戦)を見た人なら分かってもらえると思うが、プライドを持って戦った。勝った時には涙を流して手を取り合って喜んだ。残りの試合もすべてやりきって、『僕たちはここで頑張っている。Jリーグの百年構想を具現化している』ことを示す。スタジアムはみすぼらしいが、すべてがチームの存在としてアピールしていきたい。これから町田市やJリーグと話し合い、必ず大勢の方の期待に応えられるように、胸を張ってJに入っていけるようなチームにする。今までと同じように皆さんの力を貸していただきたい。名もないバックもないお金もないクラブはそういうプライドでやっていくしかないと思っている」と話す。

****

いや、正直町田のフロントも甘い、といわざるを得ないけどさ…やっぱり何事もこれだけ大事な話ならくどいほど確認すべきだろう。その意味で責任はある。

ただ、工事の計画も予算どりもわかってるわけだから、それが簡単に動かせない時になってから新しいルール発表して、それができないからはいだめー、ってそんなの後出しじゃんけんじゃないか。
何か、もう選曲も振付も全部決まってほぼほぼ完成形が見えてきたところで、オリンピックのフィギュアスケートのルールがいきなり変わって新しい技が複数必要で衣装も規格外だからだから優勝したかったら全部やり直せ、って言う感じ? 

Jリーグはどこへ行きたいんでしょうね。
サッカー協会の偉い人は海外、海外って自国のリーグからの輸出ばかりを推奨するし。
「海外に通じる選手を作る」という意味合いをちょっととりちがえてはいないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2010

その意味ではこの一勝は大きい 町田ゼルビア@東京ヴェルディ於西が丘

確かに審判がヴェルディ嫌いなのか?と思われるようなジャッジングで(必ずしもミスジャッジばかりではないが基準が一定せず、そのぶれが全てヴェルディに不利に働いた印象はある。)その意味では何だかなー、って感じでしたが今日のゼルビアは終始出足が早く、ひとつひとつのプレーを前よりちょっとずつ丁寧に行っている印象で、終始試合の主導権を握っていました。
ただ、かなり質の高いチャンスを作っても、とにかくフィニッシュが悪く、打てども打てども本当に決まらないのでこりゃやばいんじゃないか、と思い出した頃に相手が退場になり。
あー退場でひとり少ない相手だとやりづらいんだよなあ、なんて思ってたらやっぱりカウンター食らったり。
帳尻あわせでこっちも退場食らうんじゃないかと思ったり。
90分押しててもカウンター一本で負けたりするんだよなーとか…すいません、基本的にネガ体質なのですよ(苦笑)
それにそういう経験もいっぱいしてきてるんだもん(爆)

それでもゼルビアの選手達がこれだけ生き生きとプレーしているように見えるのはいつ以来だろう。一時の快進撃がとまってそこから何試合も苦しんで、何となく選手もチームも自信なさげに、勝っていてもどことなく不安感を抱えてプレーしているように見えた。そんな試合は見ていても面白くなかったからかなりいろいろ試合も見ている友人があまりのどんよりに耐えかねて途中で帰ってしまった試合もあったり。その時はまさか順位を満たしてもあがれないなんて考えても見なかったから、こんなことでは上がれたとしても大丈夫だろうか、なんて思っていたのだけれど(苦)。
まあ相手の調子が悪かったのもないとは言えないけど、何より素晴らしかったのはこぼれ球をことごとく拾えていたこと。悪い時は本当にボールがつながらなかったからなあ。中断期間に修正できたんだと信じたいなあ。

あんまりアグレッシブだったのでガス欠がとにかく心配だったけど、たぶん疲れた分気持ちの上で乗って行ったんだと思う…ひとり少ない相手にひやひやしながらも何とか耐え抜いて、そして交代で入った山腰が今まで決まらなかった分のフラストレーションをふっとばす鮮やかな一転。あんまり嬉しくてその瞬間の相馬さん観るの忘れておりました(笑)。試合後の嬉しそうな様子は満喫したけれど。

選手達は相当精神的にきつい試合だったと思う。
でもこういうときの一勝は本当に価値がある。チームが続いていく上で、夢をつなぐ上で。

ゴール裏に「まだ何も終わっちゃいない」の横断幕を出した、サポーターの思いに応えるためにも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

残念なお知らせ

町田ゼルビアオフィシャルサイトより。

「この度、ゼルビアが提出しておりました「Jリーグ入会予備審査」の「審査結果」が到着し、本年度は「Jリーグ入会のための条件を満たしていない」と判断されたことをお知らせいたします。

詳細は、9月7日(火)に記者説明会を開催し、ファン・サポーターの皆さまにはこのホームページなどでお知らせさせていただく所存です。

Jリーグ入会に向けて、今季これまでご支援をいただきました皆様には、大変申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。引き続き、Jリーグ入会に向けて努力してまいりますので、今後とも変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。」

*    *     *

本日はゼルビアにとっては初出場となる天皇杯。
ここのところ追いつけなかったり勝ち切れなかったりした試合の割合が多く、ようやく勝利しての中断後、最初の試合になるわけですがあまりにバッドタイミングなニュース。
今期は絶対にJ2に昇格する、と公言して監督に初監督となる相馬直樹を招聘し、それなりの選手も揃え、宣伝にも力を入れてきたのに…。選手、監督のモチベーションももちろんですが、サポーター、特に今年Jを狙うチームということで注目し、試合に来てファンになった新しい人たちの盛り上がりがこれで落ち込まないか、非常に懸念されます。
苦しみながらも目指してきたゴールが実はずっと遠いところに行ってしまう、というのはかなりにしんどいことですから。

そして、相馬直樹さんはどう動くんでしょうか?チームの今回の件に関する分析や反省がしっかりしていて、修正が来季に向けてちゃんとできるのであれば苦労のしどころだとは思いますが、ここでベクトルが定まらないようであれば空中分解する可能性もある。
とにもかくにも、今日の天皇杯。気落ちせずにはいられないサポーターのためにも、この一戦は大きな試合になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | October 2010 »