« 宗方コーチ逝く | Main | まだまだじゃのう…川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ@等々力 »

November 04, 2010

決勝に相応しい好ゲーム@ナビスコ決勝 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島

午前中の用事が終わったのが2時ちょっと前くらい。最初は悔しいからナビスコ決勝は見ない、なんて言っていて今日も映画観にいこうか、美術館にでも行こうか、それとも買い物かマッサージになんてつべこべ考えた割にやっぱり観たくなって帰宅してナビスコの決勝を観ました。やあ、観てよかったわ。


まずはジュビロ磐田及びサポーターの皆様。優勝おめでとうございます。そして、サンフレッチェの選手、そしてサポーターの皆様、きっと準優勝おめでとうなんて言われたくないのは経験もあるのでわかりますが、それでも当事者として今日の試合に立ち会えた、それだけでも幸せだと思います。

それだけの価値がある試合だったと思います。
お互いが最後まで攻める気持ち、守る気持ちを失わず、それぞれのスタイルで試合を投げずに全力で延長戦最後までワクワクするような好ゲームを演出した。間違いなく、近年のナビスコの決勝の中でも指折りの好ゲームだったと思う。カップ戦であっても試合の中で、相手に点を決められたり、攻めていてなかなか決められなかったりすると観客席から見ていても選手達の心が折れてしまった、試合中なのに試合が終わってしまった感じがすることがあるんだけど今日はそれがなかったと思う。
ゴールもそれぞれ美しかったね。中でも今日の前田の存在感は際立っていたし、得点場面だけでなくほんとうによく走っていたし、チャンスを狙いつづけることでチームを引っ張っていた。寿人が出られなかったのは残念だけど、監督としては90分で勝ちきることにかけて攻撃の選手を引っ込めたけど、結果的に賭けに敗れたということでしょう。

両方ともどちらかというと好きなチームで、特にジュビロはサッカーを見始めた頃の好敵手で、たくさんの心に残る試合があって、その後時期はずれたけど冬の時代があって、一時期は降格の危機をほんとうに薄氷一枚で何とか踏みとどまった。そこを越えての今日の晴れ舞台。サンフレッチェは鹿島にとっては一時期ほんとうに苦手なチームで(相馬さんがサンフと清水に勝つと優勝できるかな、って思った、という意味のことを言っていたくらい)、こちらはほんとうに降格まで行って、その経験をほんとうに糧にしてJに戻ってきた。それだけに長く応援している人にとってもまた感慨はひとしおだろうと思います。

そこでどうしても考えずにいられないのは、「本当に今年フロンターレはあの場所に忘れ物をとりにいくべきチームだった」って胸を張っていえるか、と言うこと。去年どちらかというといろいろな意味でみっともない試合をしてしまったこともあるけど、じゃあ今日ここに立てたとしてこれだけのゲームをすることができたか、とも考えてしまう。
何か、「今年こそタイトルを」という時期が長すぎて、何か「何としてもとってやる」っていうぎらぎらしたものは正直リーグでも、カップ戦でも感じられないんだよね(あえていうならケンゴくらい?)。「一試合一試合積み上げれば優勝につながる」というのは確かに事実だけど、ナビスコを落とし、リーグ優勝が相当厳しい局面になった今、せめて天皇杯は何が何でも、という気持ちを外にも見せて欲しいし、とって欲しい。「本当に欲しいと思って狙ったものをものにする」ということで本当にチームは成長すると思うから。

|

« 宗方コーチ逝く | Main | まだまだじゃのう…川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ@等々力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/49930370

Listed below are links to weblogs that reference 決勝に相応しい好ゲーム@ナビスコ決勝 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島:

« 宗方コーチ逝く | Main | まだまだじゃのう…川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ@等々力 »