« 決勝に相応しい好ゲーム@ナビスコ決勝 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島 | Main | ある意味、来季への宿題 町田ゼルビア1-1SAGAWA FC SHIGA »

November 15, 2010

まだまだじゃのう…川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ@等々力

先日のナビスコ決勝のエントリで「観客席から見ていても選手達の心が折れてしまった、試合中なのに試合が終わってしまった感じがすることがある」って書いたんですが、今日も何となくそんな印象を持ってしまったのはあたしだけかしらん。ええ、2点目が入った後のことですが。
いやもう、2点目が何で入っちゃったかとかそういうのは試合後に考えればいいだけの話であって、今はとにかく「チーム一丸となって」もう一点とりに行かなきゃいけないんだよね。何かこう、ばらばらしちゃうのはなんでなんですか。相澤が怪我、でリキが本当に久しぶりの代役に入って、他のメンバーがいつもと同じ力配分じゃ駄目だと思う。リキが頑張って、他のメンバーがリキに負担をかけないように頑張って、というところでやっといつもと同じくらいの力が出せるんじゃなかろうか。

鹿島の強さは、長年見てきて特に最近思うのは、こういう追いかけるモードに入った時は全試合、カップ戦の決勝戦だ、くらいのつもりで来ることだ。
それは「あと全部負けなければ」という思考とは違ってたぶん、「この試合落としたら後がない」と思ってきている。そして、落としたら改めて次、「この試合を落としたら後がない」とまた新たに挑む。
以前、ナビスコに負けたときに「3チームとしか戦わないで(リーグ戦免除で)とるタイトルなんて意味がない」という意見を目にしたけどそれは違うと思うんだよね。一試合だってタイトルを意識して勝つのは本当に難しいし、たとえば1試合でとれるタイトルだってものにしていかなければ大きなタイトルなんて取れるわけがない。

鹿島は等々力で10年勝っていなかった。でも、今日そのジンクスを打ち破った。
対してフロンターレは今年もまた新潟でも、日本平でも、大宮でも結局勝てなかった。その差はよく考えるべきだと思う。

|

« 決勝に相応しい好ゲーム@ナビスコ決勝 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島 | Main | ある意味、来季への宿題 町田ゼルビア1-1SAGAWA FC SHIGA »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76834/50033046

Listed below are links to weblogs that reference まだまだじゃのう…川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ@等々力:

« 決勝に相応しい好ゲーム@ナビスコ決勝 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島 | Main | ある意味、来季への宿題 町田ゼルビア1-1SAGAWA FC SHIGA »