« December 2010 | Main | March 2011 »

January 2011

January 26, 2011

いやいやいやいや

ごめん、川島。

どーしてもPKは苦手、というイメージが強かったから正直…サプライズでした。
だって生でPK止めた記憶がないんだもん。というか、過去それなりにいろいろなGKをチームの守護神として応援してきたけど(ザスパとか含む) PK阻止できない率では相当上位。
だからPK戦になった時点で若干「きみは良く頑張った」(^^;)モードになっていたことは若干内緒だわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2011

ニューイヤーコンサートに行って来ました。

恒例と言っても三回目ですがオーチャードホールのニューイヤーコンサートに行って来ました。どちらかというと観るもの聴くものの中で比較的クラシックコンサートの優先順位は低めなのですが、決して嫌いなわけではなく。そんな中、確かオーチャードホールでたまたま観たチラシの2009年のニューイヤーコンサートの選曲の好みがそれほど多いわけでもない私の好きな曲勢揃い(クラシックに詳しい方は決して見ないでくださいー苦笑)だったので、「たまにはクラシックでも聴いてみるか」といったコンサートがとっても楽しかったので年頭のお楽しみとして今に至る訳でした。

本年の曲目
ヨハン シュトラウス2世 オペレッタ『こうもり』序曲
ヨハン シュトラウス2世+ヨゼフ シュトラウス『ピツィカート・ポルカ』
ヨゼフ シュトラウス『天体の音楽』
リスト『愛の夢』より第3番
グリーグ ピアノ協奏曲より第1楽章
エルガー 行進曲『威風堂々』第1番
チャイコフスキー バレエ組曲『くるみ割り人形』より「花のワルツ」
リンケ 行進曲『ベルリンの風』
ラヴェル『ボレロ』

年頭にふさわしく明るい曲調の歌が多く、ほとんど私でもわかる有名な曲ばかり。曲名知らないなあ、って思っても聞いてみるとどこかで聴いたことがある曲がほとんどのラインナップなので、あまりクラシック聴かないよ、という方にもお勧めです。指揮者やゲストが毎年違うのでちょっとずつ色が毎年違う感じ。ちなみに今年は 指揮 尾高忠明さん+ピアノ 仲道郁代さんのペアでした。
色といえば、普段のオーケストラのお姉さんたちは白と黒のイメージですが、このニューイヤーコンサートに関してはまるでソリストのようにひとりひとりが色とりどりにドレスアップしてその辺もお正月モードの楽しさを演出してくれます。
そして最後に抽選会。景品4つしかないのでまず当たることはなさそうですが、楽しいのが特賞。何とその日のオーケストラをバックに『ラデッキー行進曲』を指揮する権利が当たるのです。
玄人はだしの指揮を見せる人、ひたすら手を振り回す人など様々ですが、観客席とオーケストラ一体となった暖かい雰囲気で盛り上がるのが楽しいです。

また来年も行きたいな。今年の中では「天体の音楽」が良かったのでたまにはクラシックのCDでも探してみようかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2011

A HAPPY NEW YEAR!!

明けましておめでとうございます。

さて、年が明けたに伴い、昨年の目標を見直してみました(というか、ちゃんと覚えていないところにすでに問題があるようなー汗)↓

その1 去年に引き続きなるべく人に会う、人と関わる一年にする。レスや日記ももう少しまめに、と思っております。
その2
ダイエット。まあワールドカップにちなんで1998年のウェイトに戻せるよう頑張ります。
その3 何か新しいこと、または以前止まっていたことにチャレンジする。

…その1はそれなりに達成できたかな。まあ、新しい職場に移った、というのもありますが何より某SNS経由 ブックトークオフに参加したのが大きかったですね。ここでの会話や紹介された本からかなり新しいものを知ったし、何より本について話すのは本当に楽しかったです。

しかし、その2、3に関してはすみません、ぼろぼろでした(汗)。いやいや1998って…2008にも行ってないんじゃないか(大汗) 新しいことも出来なかったですね。あと、サッカー観戦はほぼ横ばいかちょっと増えていると思うけど観劇数が減りました。休みが約2割くらい減ったのが影響しているところもちょっとあるけど、古巣とは言えやっぱり慣れないこと、時間がかかることも多かったので今年はその辺を改善してもう少し時間を作りたいと思います。

そんなこんなで今年の目標はほぼ去年のものの踏襲+αで

その1 引き続きなるべく人に会う、人と関わる一年にする。レスや日記ももう少しまめに、と思っております。
その2 ダイエット+体調管理。いろいろな意味で痩せたいというのはもちろんですが、昨年は割と体調が良くない一年だったので今年は健康に留意してみたいと思います。
その3  英語のレベルアップ。 まあ体重と同じでだいぶ落ちてて去年ショックだったのでもうちょっと頑張ります。
その4 語学以外で何か新しいことにチャレンジしてみる。

今年は何事によらず、もう少し前向きに頑張りたいと思います。
細かいことでやりたいことはたくさん。相馬さんが川崎Fに監督として復帰するので試合だけじゃなくて練習にも行きたいしね。

ということで、本年もよろしくお願い致します。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

鹿島アントラーズ 天皇杯優勝おめでとうございます。

先制して、同点にされて、きっちりFKで逆転。あー、やっぱり野沢拓ちゃんは天才だわ。
そして、その後の試合運びはやっぱりあたしが知ってる鹿島のDNAが脈々と流れているのを感じました。
イバの時間をかけた選手交代とか、何だか惚れ惚れ。

そして試合終了の笛。

昔家族がらみで名古屋を一時見てた時期があり、そのころの大岩は決して好きな選手じゃなかった。
縁あって鹿島にきて、ちょっと鹿島から離れていたこともあって斜めに見ている時期が長かったんだけど。
今日、満男ちゃんが天皇杯を掲げる栄誉をさくっと柚って、その後に胴上げ、オリヴェイラと、そして満男ちゃんと長い、思いのこもった抱擁。その、こちらには声が聞こえなかった余白の部分に大岩が鹿島で頑張った、闘った、そして残したものの大きさを思う。
トロフィーを掲げて、優勝して引退。ピッチにたつことはなかったけどサッカー選手として最高の現役の終わり方のひとつだと思う。でもそれは大岩自身が鹿島で過ごした年月で一つ一つ積み重ねてきたものの果実だ。
優勝おめでとう、アントラーズ。そして、お疲れ様、大岩剛選手。

そして、伊東テル。恐らく、清水が勝ったら賜杯を掲げる栄誉は彼のものではなかったかと思う。でも、彼は現役を続けることを選んだ。これから栄誉を受ける機会はまだあるし、その機会を自分自身で掴み取ることが出来るのだ。

今年も全てのチームのサポーターにとって、いい意味で勝負に熱く、チームの存在が生活に活気を与える年であります事を。
ことしもよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | March 2011 »