« March 2011 | Main | August 2011 »

May 2011

May 30, 2011

チームを支える、と言うこと@川崎フロンターレVSガンバ大阪

仕事の不調を持ち越したのか、体調が悪く生観戦を断念しました。やっぱり行くのをやめると行けばよかった、と思うものではあるのですが(結果に関わらず…結果によっては余計にー苦笑)、たまにテレビで観るのもけっこう新鮮でした←負け惜しみ?いやいや。
何か雨降ってると大変だなあ、って思いつつだからこそ行かなければいけなかったような気がするわけわからないサポーター根性(苦笑)

で、今日の相馬直樹さんはスーツで頑張るのか?と思えば一応グラウンドコート着てる…んだが、、前が開いてて結局びしょぬれで意味ないじゃん…(^^;)
さて試合ですが、宇佐美の若さが強調される割に何だかお馴染みの面々が顔を揃える、平均年齢高めな感じのガンバ。やっぱり明神いぶし銀だなあ、とか二川怖いなあ、とか加地さんのプレーはやっぱりけっこう好きだなあ、って思うんだけど他人事ながら世代交代大丈夫かなあ、なんて思ったりもする。

今回は雨で足場が悪く、相当やりづらい中での安藤くんのデビュー戦。けっこうキーパーって出場機会がないものだけど、フロンターレの若手キーパーって割と早期にデビューだけはできる運命な気がする。シーマン(相澤)もそうだったし、リキにしろ、ウエクにしろ。いきなりのPKは不運だったけど、いきなりの大舞台でまずまず危なげない走り出しだったのではないでしょうかね。

あと、個人的に印象が強かったのはノボリとイガ。ノボリは恐らくフル出場を意識して守備でも必死で食らいついていっていたし、イガは今日は集中力を切らさずに相手のエースににしっかり、じっくりついてっていた印象。スタンドから見ているとどうもキャプテンマークが見えづらいのだけどTVではしっかり認識できました。

でもやっぱり今日はとにかくケンゴでしょう。
いや一点ならともかく、この雨の中(まあ、藤ヶ谷にとってもやりづらかったでしょうが)、どっちも非常にプレッシャーがかかる中、あんな難しいゴールを2点も決めて、今のチームにとって喉から手が出るほど欲しかった勝ち点3獲得に貢献し、さらにサポーターに感謝を叫ぶ、なんてことを出来る人はそうそういないでしょ。
そしてケンゴがすごいのは守備でも、試合終了直前まで相手にチェックを入れてボールをとりに行ってたことだ。
チームを支えているのは試合に出てない選手や、スタッフを含めてたくさんの人たちだけど、ケンゴを観ているとやっぱり川崎のチームの顔にふさわしい選手だな、と誇らしくなる。
今年は代表にも呼ばれず、どことなく調子が悪そうで、ボールを失うシーンも目に付いたけど、まだまだフロンターレはケンゴのチームだ。
雨にぬれた笑顔が底抜けにうれしそうで、運動会で一等賞とった子供みたいで、何だかこっちもほのぼの心温まるのでした(笑)

相馬さんはやっぱりほっとした印象。毎試合プレッシャーと戦ってるんだな、と実感する。
エイジもテセも来てたのね。
やっぱり行きたかったなあ←未練な。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | August 2011 »