スポーツ

April 30, 2010

スポーツが伝えるもの

ちょっと前のお話 その1
最近、かなりショックを受けた記事から。

女子フィギュアスケートの浅田真央(19)らが出場し、テレビ東京が11日に放送した「スターズ・オン・アイス 2010」で、転倒した浅田の演技を差し替えて放送していたことが23日、分かった。

【写真で見る】「スターズ・オン・アイス」に出演した真央

 同アイスショーは9日から11日まで東京・代々木第一体育館で行われた。同局によると、放送した9日の演技は、実際はトリプルフリップで転倒。その部分を成功した10日のトリプルフリップに差し替えるなど、計3選手で同様の編集を行った。同局の島田昌幸社長(65)は23日の定例会見で「あくまでショーなので問題はない。選手の妙技を見てほしかった」と説明した。
<サンケイスポーツから 4月24日>


****

個人的にはスポーツの報道は公平、公正であり、そしてその底にはスポーツ全体に対しての愛情を感じさせるものであってほしいと思っている。視聴率とか、スポンサーとか、局の立場とかそれはあるだろうけど、少なくとも製作側がフィクションとは異なるスポーツというもののままならなさや、それに一喜一憂するこちら側の気持ち、ということへの理解がないといいスポーツ番組にはならないだろう、と思うわけですよ。
まあ、最近の特に民放のスポーツ番組は中継やニュースでさえ、勝負そのものを楽しむ、というよりも何だかスターを特定して、ドラマの筋書きがある程度組まれているような印象でがっかりすることが多いのだけれど、今回の件は何だかそれを上書きされた感じ。
 一流の選手の妙技って成功したものに限らないと思うのだ。たとえばサッカーだって、確かにゴールはハイライトだけど、その前にあった一瞬の選手の油断や、そこに乗じたパスカット、あるいは絶好の位置までボールを運んだのにDFの駆け引きではずしてしまったシュートやそのあとの悔しい表情とかすべてが組み合わさってその試合の内容を決めるわけだし、だから0-0でも負けてしまっても心に残る試合というのはあるわけで、もちろん限られた放映時間やアングルの中でそれを全部伝えるのは無理だとしてもただ、その緊迫感や臨場感をある程度でも伝えられるかは報道する側がそれを感じているか、というところが大きいと思うのね。
 それはスケートや新体操のようないわゆる芸術的要素の強い競技でも一緒で、転んだりバランスを崩したりすることが多いからこそ、成功したときの(観ている側の)感動や喜びも大きいし、たとえ失敗してもそこから立ち直ったり、どう見せるかはそれこそ一流のアスリートならでは、というところもあると思うわけですよ。
ただ成功シーンのつぎはぎが、失敗を含む一個の競技に勝る、と思っているならそれはスポーツを伝えるものとしては大きな何かが間違っていると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2010

冬の祭典が始まります。

いよいよバンクーバーオリンピックが始まります。まあ、スポーツ一家ならぬスポーツ観戦一家なので、どうせ延々とうちの茶の間ではオリンピック中継がついているものと思われますが(^^;)
個人的に楽しみなのはモーグルとエアリアル、あとスノーボードかな。まあ、フィギュアももちろんですが、自分自身がスピード感がない人間なので、スピード感とダイナミックさをあわせもつ競技に弱いのです。まあ、カーリングだろうがアイスホッケーだろうが家にいたらとりあえず観ると思われます。

まあ上村愛子ちゃんももちろん応援してるけど、密かに(?)里谷さんにも期待。もうたぶん15年位前、何の気なしにつけたテレビで(もしかするとスキーに行っている宿か昼時だったかもしれない。)で、新しい競技に頑張る10代の選手のミニドキュメント化なんかやってて、それで初めてモーグルを知りました。その時の選手が里谷選手で、だから何となくずっと応援していたりするのです。
また新しいスターがたくさん生まれると思うけど、ベテランさん達にはしたたかに頑張ってほしいなあ。岡崎さんとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2009

今頃WBC決勝戦ダイジェスト観て興奮中

…遅いよ(笑)
実はサッカー観だす前(まだセーラー服なんぞ着てた頃ー笑)はけっこう野球が好きで、自称近鉄ファンだったんですよね。
もしもサッカーに出会わず、タイミングによっては今頃藤井寺に遠征してたかもしれません(爆)
当時若手だった岩隈にはことさらの思い入れがあったりもします。
楽天に移籍した後、なかなか勝てなかった頃も知っているので余計に感無量かな。
イチローも散々叩かれたから、ほんとよかったねー。

個人的にはビックカメラあたりで知らない人と一緒に盛り上がりたかったわ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2008

ソフトボール金メダル

何だかちょっと同僚とヘビーな話をして更衣室に降りたらずっと前に帰ったはずの違う同僚がソフト観てた(笑)。六回いきなりピンチでテンションあがりまくり。上野は凄い。確かに凄いけど彼女を支えた守備陣も三点をものにした攻撃陣も負けないくらい凄いと思うのでした。ビバ!チームスポーツ!
何日か明けて。決勝戦は何度も名場面集でリピートされるのに最終回は最後のアウトのシーンだけっていうのがかなり淋しい。特に2アウト目は試合を動かした大事なポイントだったとおもうんだけどなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2008

やなぎさ~わ

ついついたいそうの富田くんがでてくると↑歌いたくなってしまうんですが(笑)厳密にはヤナギの顔にちょっと楢崎風味をプラスすると富田くんになる気がします。
あと、内村くんは田畑智子に似ている気が。

個人的にはサッカー以外で生で一種目見られるっていわれたら男子の体操かな。アテネ五輪の代表がとっても好きだったのですが、今回のメンバーもいい感じでした。あんまりちゃんと見られなかったのが残念だなあ。だって、テレビだと生中継以外はさわりしかやってくれないことが多くて。

新しい採点方法がどうしてもよく分からないんですけどね。
日本勢もだけど、鉄棒のイタリアのカッシーナ、ダイナミックで難度の高い演技だったと思うのだけど、あんまり点数伸びませんでしたね。
満点が10点じゃないのって何だか変な気分(笑)
すべからく単純な方が喜びも感じやすいのは私がおばかさんだからでしょうかねえ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2006

これが実力な訳で。 日本VSブラジル

キーパー替えられる、ってのがどれだけの屈辱か、っていうのはおいといて。

まあこれが実力なんだ、と思う。
一点取れただけで国中が舞い上がって星勘定始めるよりも、その一点を少なくとも前半は何とか守りること、全員が守る為にどう動くか、ということができなかった。
90分走り続けて、何としてでも点を取ってやる、って言う思いをピッチの上から感じることはできなかった。
まあ、この後のジーコ叩きは容易に想像できて鬱になるけど、そのための意識を持たせる、って言うのは監督がどうこうしてできる、って問題じゃないだろう。それを言うなら、98年のジャマイカ戦だって、2002年のトルコ戦だって、それを感じることはできなかったもの。

戦う集団にジーコはできなかった、という人はいる。ただ、何人かのメンバーを変えることで一点とられて下を向いてしまうメンタリティを変えられるものだろうか。
たとえばピクシー、たとえばドゥンガ、90分味方を叱咤し続け、あるいは90分走り続けることで他の選手を引っ張り続けることができる選手がいるだろうか。
ジーコを含め、誰かを戦犯で片付けることは簡単だ。でもそれだと絶対に日本のサッカーは変わって行かないと思う。先制ゴールの玉田が試合後、悔しさを噛みしめている顔だったのがちょっと嬉しかった。
今までだったら、一点とって免罪符、という感じで笑顔でインタビューってこともあったから。

なすすべなく、ボールを回され続けた悔しさを忘れるな。本気のブラジルに子どものように何もできなかった悔しさを忘れるな。じゃないと、今回の経験が無駄になる。
これを失敗だった、というのならW杯になって初めてサッカーの存在を思い出すんじゃなくて、Jリーグの試合に足を運んで厳しく暖かく選手のプレーを評価して欲しい。

98年W杯の後に、相馬さんが「答えは残りの現役生活の中で出したい」と言ったように、この試合で、大会で何を得たかはジーコにとっても選手たちにとってもこれからの彼らのサッカー生活の中で決まるんだと思う。
どう叩かれようと、私は好きだったよ、今回の代表。今回の選手たちの何人が2010年のピッチに立てるかはわからないけれど、彼らの今後は見守って行きたいと思う。

お疲れ様。しばし休んで、この借りはきっちり返してね。
予選がまた、始まるのなんてあっという間だ。

* * * * *

…しかしチェコまで…(涙) 
あとは何を楽しみにW杯観るかなあ。 相馬さんの露出度もいきなり減りそうだし。
あ、あと試合で一個だけ。満男さん、効いてたと思うんだけどな。交代は残念だった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 20, 2006

勝ち続ける為に

必要なことって何ですかね?って聞かれて…

「勝利に飽きないこと。いつでも僕は勝ったときに泣けるチームをつくろうと思っている。」

清宮克幸~低迷していた某大学チームを社会人に勝てるチームに育て上げた男。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2006

事務連絡

時々移籍希望です。…あ、仕事のことじゃなくて(それも時々あるけど) ブログのことなんですけれども。実はブログになる前に日記サイトを2つ変えているので実質これが3つめなんですが、他人の芝生は青く見えるの典型で、時々無性に変えたくなったりするわけです。だいたい書くのに行き詰った時なので、ただの現実逃避とも言うんですけどね。
キャラメル関連のブログはSo-netを使っている方が多いので、スキンの可愛さやNICE!機能なんかがうらやましくなったり(でもSo-netにはしないかなあ…とにかく重いんだもの(涙)。)、使い勝手が他のところがよさそうだったり、まあその時によっていろいろ違うんだけど中でもけっこううらやましかったのがブログリスト@更新機能付き。で、今日はうちにいたのでいろいろ機能を調べてみたら、どうもココログでも出来るかもしれないらしいじゃないですか!! で、早速登録してみました…いや、更新読み込み機能があるもののみ、と書いてあったからないものはしょうがないのかもしれないんですが…全然更新日時があってないんですけれども(苦笑)
あ、基本的に以前リンクしていい?って許可とってみたとこと、リンクフリーのとこだけにしたつもりですが、「サイトはいいけどブログや日記はいやなの!」という方は遠慮なく言ってくださいね。あと、トラバしていただいたことがあるかたはまだ今のトラバ件数だとトップページにでているので入れてません。というわけで更新機能は全く当てにならないので、更新されてないことになっているところにも行ってみてください…ってフォローになってないし。

**
さっきNHKのトリノオリンピックの特集の最後でやっていた名場面集で、どこかのチーム(イタリアだったか、イギリスだったか?あのインパクトがある大きな眼のお姉さんには確かに見覚えがある)のストーンが完璧に投げたはずなのに、大きくずれたというシーンをやっていて。原因は落ちていた髪の毛一本だったそうです。そんな細かい要因が左右するということで、あのブラシ(ブルームというそう)でストーンの行き先をコントロールする作業にも大きな意味があるのを妙に実感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2006

負けちゃったけど

カーリング女子チームには間違いなくありがとうだな。何か、メダルメダルだけの世間の喧騒から離れて勝負事の美しさや、厳しさ、チームの一体感などいろいろ感じさせてくれました。
ちょっと、あの汗と涙の高校時代の部活をほうふつとさせるものがあったかも(私は運動部ではなかったけどね。)
最後の試合はリアルタイムで見られなかったけど、ニュースでうつった試合後の表情は美しかったよ。
メダルが取れないオリンピックで、失敗だという声も多いけど(うちにも約一匹いる)、けっこう楽しんでます、今回のオリンピック。

はじめてカーリングという競技を知って、そういえばやっぱり結構面白いって感じたのは長野五輪。もっとも当時は仕事の絡みでほとんど前半は生で見てないはずなので、たぶん後半だったか録画で観たか。今よりさらになじみが薄い競技で、しかも本種目じゃなくて公開競技だったんじゃなかろうか?割と年配の選手が多いチームの中で最年少スキップで主将だった敦賀くん。ソルトレークは日本は出場できなかった、というところまでは知っていたけど漁師さんになったんですね。で、今でも競技を続けているとのこと。
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/gorin/news/20060221k0000e050097000c.html

夏季五輪でも競技によってだいぶ選手の生活に差がある、というのが出ていたけれど多くの選手達が競技だけでは食べていけず、仕事と練習時間の兼ね合いや、資金の調達に苦労している。特に冬季競技は用具代がかかる上に、国際経験を積むには遠征費用もあるからね。今回の五輪が終わると強化策の問題点云々がいろいろ言われると思うけど、今トップにいる選手の強化はもちろん、その予備軍の選手達に対してももう少し練習に専念できる環境を作ってあげて欲しいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2006

カーリング面白いです。

イタリア戦の最後の小野寺選手のショットで思わず涙したのは内緒です。 …最近涙線弱いなあ(^^;)
最初はあの、ブラシでごしごしのコミカルな(失礼)イメージが強かったんだけどなかなかどうしてすごい頭脳ゲームですよね。スポーツ、というより囲碁や将棋のようなボードゲームに近い感じ。オセロとか。

凡人には次の一手はあれこれ言えるけど、実際にあの場にいる人たちはなんても先を考えて、相手に出し抜かれてはまた次の手を考えて、と経験と頭脳をフルに使っているのが伝わってくる。選手達の眼が、雪上スポーツのストイックなイメージとはまた違った、勝負師の目になっている。最後のショット、先攻だから相手の一手を残した上で…まさに人事を尽くして天命を待つ…改心のショットを決めて潤んだ眼の笑顔がかっこよかった♪

初めてカーリングを見たときに、「あれだったらふたりでオリンピック出れるかもよー」とか言ったお調子者の母よ…深読みするのが苦手で慌てもののうちの家系では無理だと思うぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧