ニュース

May 01, 2005

暗澹

ここのところ、どこもトップニュースいえば先日の列車事故のことで。死者107人…天災でもそうそうないくらい、たくさんの人たちが犠牲になった。自分や、家族、友人と同じような年齢の人たちのそれぞれに明日につながるはずだった未来があり、それぞれの思いがあり、人間関係があり…自分自身も通勤やプライベートに電車を毎日のように利用するだけに、他人事とは思えない恐怖と、哀悼の念を感じる。実際、一時間遅かったら事故にあってた、とか、その路線を使うことがある、と言う友人もいるし。今回のことがなかったら、(安全の見直しなどが行われずに)自分の路線でも起こった事故だったかもしれないのだし。
たぶん、その思いは多くの人が共有するもので、だからこそ報道の量も必然的に多くなるんだろう。そして、今わかっている状況から、運転手にも過失があったんだろう、とは思うんだけれど。

でも、それだからと言って当時まだ生死がわかっていなかった運転手の自宅のインターホンをレポーターが何度も何度も鳴らしていい、と言うことにはならない。原因の解明、と言うことに必要な以上に克明な再現ビデオをCGで作って流していい、と言うことにもならないと思う。それはただの、過剰な野次馬根性だ。死者をいたむ、と言うことからも、遺族や被害者の感情を大切にする、と言うところからも逸脱している。まあ、そもそもそういう感情がメディアにあるか、と言うところも問題なんだけれど。

理想論といわれるかもしれないけれど、やっぱり報道においても一番の目的は「同じことを二度と繰り返さないような努力をする方向に問題提起をする」って言うことだと思うのね。犯人探しではなくて。
だって実際運転手はミスを犯したかもしれないけれど、コレだけ多くの人を乗せている列車においてひとりのミスがカバーできない、と言う点が一番問題だと思うもの。大きな事故になった本当の原因はそこだと思うんだけれど、それが運転手個人の問題や、上層部の責任問題(←確かに上である以上責任は取るべきかもしれないけれど、辞めてうやむやに終わる、と言うのは困る)にすりかえられてしまったらたまらないし、散々騒いで何も残らない、と言う事態になってほしくない。

それに加えて、さらにさらにやりきれない、暗澹たる気分になっているのが、あの事故のあとに線路の置石が頻発している、と言うニュース。これさ、愉快犯だとか酔った上でのいたずらとか片付けられるレベルの問題じゃないでしょ。最悪の場合、列車が脱線したらどうなるか、と言うのを毎日毎日見せ付けられてそれでなおそういうことをやっているんであれば、「殺人未遂」くらいの容疑で拘束してほしい…後続を絶つためにもね。

Continue reading "暗澹"

| | Comments (1) | TrackBack (3)

April 18, 2005

国と国、人と人

出張中、テレビがホテルの部屋にあるところが前半ほとんどなかったもので。ようやく中日あたりに何か、日本関連のニュースはないだろうかとつけたBBCでいきなり映ったのが日の丸燃やして投石騒ぎだったわけです。
で、まあ帰ってきても仕事柄それでもう大騒ぎ。

あたし、どちらかと言えば中国好きなほうだと思うけどさ…ほとんど記憶のかなたに行っちゃったけども一応第二外国語は中国語だし、東洋史勉強しようと思っていた時期もあるし、内蒙古にも行ったし、三国志、陳舜臣、チャンイーモウ、大地の子…(ちょっと違うか)。高校生のときに読んだ本多勝一氏の「中国の旅」とかにもかなりショックを受けた口で。…それでも正直、げんなりするし、何というか途方にくれるよねえ。

確かに悲劇はあっただろうし、許せない思いも強いかもしれない。でもさ、この先もずーっと鬼のような日本人の話を学んだ子供たちがまたどんどん増えていって…それで、本当に日中友好、なんてことができるんだろうか?いや、政治レベルではなくて。あっちからすれば「罪を犯しておいて何を言う」って言うスタンスなのかもしれないけれど、それでもやっぱり戦争の話を伝えていくのなら、本題となるべきは「戦争は恐ろしい。繰り返してはいけない」いうことだろうと思う。それを学ぶのに過去の話を用いるのはまあ自然なことだし、その事実を観てある程度の敵意や反感を持つのはやむをえない感情かしら、とも思うのだけれど。本当に外交の舞台で語っているとおり、国々が平和を望むのであるのならば、まずその教育において「敵意」を教え込むところから入るのはやめないか?
相手の対応が不満だ、と言って声高に訴えるのを仮に是としても、幼いときから「敵」がたくさんいることを学んで育った子供たちは決して平和を信じないと思う。やっぱり「抑止力」と同じで、そんなことを信じているから騙される、と言うのが教育方針なんだろうか。そして、自分の国の旗がテレビで燃やされるのを観てその国を認識した子供たちもやっぱり前向きな感情は持たないだろう。それは歴史認識がどうとか、そういうところからはなれてもっと根本的な反感、違和感、だからこそ怖いと思うんだけれども。

たぶん、あたしたち日本人は世界的に観れば、かなりお気楽な付き合いべたな民族なんだろう。だからこそ、いきなり向けられた強い反発に、怒ったり(あるいは反省したり…求められるとおりに)するよりも、むしろ当惑する。それで「触らぬ神に…」とか思っちゃうのだ。なんかさ、どういう結果にせよ、絶対いい結果にならないよ。仮に上の人がお金出したりしても、二つの国の人たちにわだかまっているものは、結局滞るだけにしかならないし。

もうやめようよ、こんなこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2005

何とまあ、間の悪い

いや中村七之助くん、公務執行妨害で逮捕の巻ですが…まあ、やったことは本当にお馬鹿さんだと思いますよ。特に何もあんた、父さんが襲名披露直前の、兄ちゃんがNODA MAP主演の千秋楽の朝なんぞに事件起こさなくっても(--;)

ただね、小さいころからテレビの特番でまだ舌も回らないうちから兄ちゃんと一緒に稽古している映像何ていうのを見てきたもので、どうも勝手な親戚か近所の子感覚があったりするのでして…私以外にもそう言う人って多いんじゃないかしら?で、何となく気持ちが理由もなくかばい立てする方向に向かってしまうのよ。
しかし、ちょっと意外だな。何となく、真面目だけどややどんくさい感じも否めなかった勘太郎君@兄ちゃんに比べ、七之助くんは子供のころから才気ばしった、ちょっと要領がいいタイプという印象。その印象は「ラスト サムライ」や歌舞伎の舞台でも変わらなくって、こういうあからさまなへまはしないと思っていたんだけども。

まあ、当座はしょうがないにしてもできたら勘三郎襲名披露、少しでも出させてあげたいなあ。役者さんとしても期待しているので、社会的にも本人的にもあんまりダメージがないといいなあ、と勝手に親戚のオバちゃんモードで思ったりするのでした。特に「七之助」としては反省も責任も感じるべきだと思うけれど、「勘九郎の息子」と言う部分で必要以上にたたかれない事を願います。
しかし、テレビとは言え幼い兄弟への勘九郎さんの厳しさを思い出すと 本当に怒らせると留置所入れられるより父親の方がよっぽど怖いんじゃないかしらん(汗)?
千秋楽がこの騒ぎになってしまった勘太郎君もかわいそうだけれど。

| | TrackBack (1)